組踊(くみをぅどぅい)『大川敵討(ううかあてぃちうち)』ぬ後世(ぬちぬゆう)んかい呉(くぃ)たるむのお、芝居(しばい、しばや)、民謡(ふぁうた)、琉歌(るうか)びけのおいびらん。
 他(ふか)ぬ組踊や、大概(てえげえ)や、八八八六調んでえぬ韻文(うた)ぬ形(かた)なかい作(つく)い書(か)かとっとおるむぬやいびいしが、『大川敵討』ぬばあや、泊(とぅまい)ぬ口(くち)ねえし、いいくる叫(あ)びい言葉(くとぅば)んあいびいん。ただ、あぬうっぴえあいびらん。んずみてぃ、長(なげ)えさある口調(あびいよう)やいびいくとぅ、実(じゅん)に、書(か)ち言葉(くとぅば)ぬしい様(よう)ぬ手本(てぃふん)とぅないびいん。
 我(わあ)、うちなあぐちぬ文言(むんぐん)ぬ肝加勢(ちむがしい)とぅんなとおいびいん。
 ただ、伊波普猷や、うんな泊ぬ口え、うり迄(までぃ)ぬ重(んぶ)らあさる組踊ぬ形(かた)とぅ、変(か)わとおんでぃち、自(どぅ)ぬ書ちぇえる書物(しゅむち)『琉球戯曲集』んじ、「いちゃんだ叫びいどぅやる」風儀(ふうじい)し、くじい物言(むに)いそおいびいん…。
 やいびいしが、我(わん)からしいねえ、いちゃっさ、あたらさる口やいびいくとぅ。あいびらん、昔(んかし)からぬ慣(なり)り破(やん)てぃ迄(までぃ)ん、うん如(ぐとぅ)うし、書ち残(ぬく)ちゃるうぬ久手堅親雲上や、でえじな、稀(まり)ねえぬ、また難(むちか)しいっ人(ちゅ)やたんでぃ、ちくぢく、思(うむ)やびいん。

 今(なま)ぬ「書ち言葉」あ、いっそうから、「棒線うちなあぐち」けえなとおいびいしが、長音(ながうん)や母音(ぶいん)しんでぃぬ書ち言葉ぬ精魂(しょうたまし)え、継(ち)じ行(い)ち欲(ぶ)しゃいびいん。

【語句】
組踊『大川敵討』ぬ後世んかい呉たるむのお=組踊『大川敵討』が後世に貢献したのは、
芝居、民謡、琉歌びけのおいびらん=芝居、民謡、琉歌だけではありません。非丁寧文「~あらん」。
他ぬ組踊や、大概や、八八八六調んでえぬ韻文ぬ形なかい=他の組踊は概ね、八八八六調等の韻文形式で
作い書かとっとおるむぬやいびいしが=書かれているもののですが、非丁寧文「~むぬやしが」。
『大川敵討』ぬばあや、泊ぬ口ねえし=『大川敵討』の場合は、泊のセリフのように、
いいくる叫びい言葉んあいびいん=少なからず、話し口調もあります。非丁寧文「~言葉んあん」。
ただ、あぬうっぴえあいびらん=だた、(話し言葉が)あるだけではありません。非丁寧文「~あらん」。
んずみてぃ、長えさある口調やいびいくとぅ、実に=とても、長さのある語り口調ですので、非丁寧文「~やくとぅ」。
書ち言葉ぬしい様ぬ手本とぅないびいん=書き言葉のあり方の手本ともなります。非丁寧文「~なゆん」。
我、うちなあぐちぬ文言ぬ肝加勢とぅんなとおいびいん=私の沖縄語文章にも勇気を与えています。非丁寧文「~加勢とぅんなとおん」。
ただ、伊波普猷や、うんな泊ぬ口え、うり迄ぬ=ただ、伊波普猷は、そんな泊のセリフについて、それまでの
重らあさる組踊ぬ形とぅ、変わとおんでぃち=格調高い組踊の形式と違うとなどと
自ぬ書ちぇえる書物『琉球戯曲集』んじ=自著の『琉球戯曲集』で、
「いちゃんだ叫びいどぅやる」風儀し=「いたづらに語をならべているだけ」みたいに
くじい物言いそおいびいん…=酷評しています。非丁寧文「~物言いそおん」。
やいびいしが、我からしいねえ、いちゃっさ=ですが、私からすれば、どれだけ、
あたらさる口やいびいくとぅ=貴重なセリフであることでしょうか。非丁寧文「口やくとぅ~」。
あいびらん、昔からぬ慣り破てぃ迄ん、うん如うし=いいえ、昔からの習慣を破って迄、そのように、非丁寧文「あらん~」。
書ち残ちゃるうぬ久手堅親雲上や、でえじな=書き残した久手堅親雲上は、すごく、
稀ねえぬ、また難しいっ人やたんでぃ=偉い、非凡な人だったのだと、
ちくぢく、思やびいん=つくづく思います。非丁寧文「~思ゆん」。
今ぬ「書ち言葉」あ、いっそうから=今の「書き言葉」は、すっかり、
「棒線うちなあぐち」けえなとおいびいしが=「棒線うちなあぐち」になってしまっていますが、非丁寧文「~けえなとおしが」。
長音や母音しんでぃぬ書ち言葉ぬ精魂え=長音は母音でという書き言葉の精神は
継じ行ち欲しゃいびいん=受け継いでいきたいものです