越(くぃ)た月(ちち)ぬ29日(にち)、琉球新報ホール於(をぅ)てぃ、組踊(くみうどぅい)「大川敵討(ううかあてぃうち)」耳薬(みみぐすい)し、来(ち)ゃあびたん。
 三年(んちゅ)首尾(しゅび)しちゃる新報社屋(しゃや)ぬ首尾備御祝(しゅびうゆゑえ)ぬ催(むゆう)し物(むん)ぬ一(てぃ)いちとぅしちぬむぬやいびいたん。
 
 「大川敵討」や組踊ぬ中(なか、なあか)んじん一番(いっちん)、長(なが)さい、また、んずみてぃ、長さる口(くち)んあいびいん。ただんちょうん、難(むち)かまらさる組踊やいびいしが、プログラムぬ案内(あんねえ)なかいや若手(わかむんちゃあ)ぬ望(ぬずみ)なかいすんでぃち、あいびいたん。
 
 今(なま)あ、我(わあ)が知(し)っちょおる限(かじ)りなかいや、男(ゐきが)やれえ、いいくる声変(くぃいが)あいし後(あとぅ)から、沖縄声(うちなあぐぃい)しいゆすい、語韻(ぐいん)にちいてえ、何(ぬう)ん、心配(しわ)あ、せえ居(をぅ)いびらんたしが、ちゃんとぅ、口ん覚(うび)いてぃ、組踊らあしゃる胴持(どぅうむ)ち形(ない)ぬないがやあんでぃ思(うむ)とおいびいたしが、上(うゎあ)ば思(うみ)いどぅやいびいたる。

 また、士族発音ぬんなとおいびいたん。例(たとぅ)れえ、開音「す」や「すぃ」、「つ」や「つぃ」んでぃち、「し」とぅ「ち」とおちゃんとぅ、差し分きらっとおいびいたん。

 伝統組踊保存会ぬ兄者方(しいざかた)あ、実(じゅん)に、能(ゆ)う習(なら)あちゃんでぃ、思てぃ、肝(ちむ)ふぃじょういびいん。
 
 実に聞(ち)ちぐとぅやいびいたん。いっぺえ、にふぇえでえびる。

【語句】
越た月ぬ29日、琉球新報ホール於てぃ=先月29日、琉球新報ホールで
組踊「大川敵討」耳薬し、来ゃあびたん=組踊「大川敵討」を鑑賞してきました。非丁寧文「~来ゃん」。
三年、首尾しちゃる新報社屋ぬ首尾備御祝ぬ催し物ぬ=三年前に落成した社屋の落成祝賀の催し物の
一いちとぅしちぬむぬやいびいたん=一つとして公演でした。非丁寧文「~むぬやたん」。
「大川敵討」や組踊ぬ中んじん一番、長さい=「大川敵討」は組踊の中でも最も長く
また、んずみてぃ、長さる口んあいびいん=また、きわめて、長いセリフもあります。非丁寧文「~口んあん」。
ただんちょうん、難かまらさる組踊やいびいしが=ただでさえ、難しくわずらわしそうな組踊ですが、非丁寧文「~組踊やしが」。
プログラムぬ案内なかいや若手ぬ=プログラムの案内文には若手が
望なかいすんでぃち、あいびいたん=挑戦するとありました。非丁寧文「~あたん」。
今あ、我が知っちょおる限りなかいや=今は私が知る限りでは
男やれえ、いいくる声変あいし後から=男なら、だいたい、変声後、
沖縄声しいゆすい、語韻にちいてえ、何ん=沖縄語的発声ができるし、声質については、何ら、
心配あ、せえ居いびらんたしが、ちゃんとぅ=心配はしていませんでしたが、ちゃんと、非丁寧文「~居居らんたしが」。
口ん覚いてぃ、組踊らあしゃる胴持ち形ぬないがやあんでぃ=セリフも覚られて、組踊らしい身のこなしができるだろうかと、
思とおいびいたしが、上ば思いどぅやいびいたる=思っていましたが、杞憂でした。非丁寧文「思とおたしが」、「~思いどぅやたる」。
また、士族発音ぬんなとおいびいたん=また、士族発音もできていまさした。非丁寧文「~なとおたん」。
例れえ、開音「す」や「すぃ」=例えば、開音「す」(に由来する「し」)は「すぃ」
「つ」や「つぃ」んでぃち=(同じく)開音「つ」に由来する「ち」)は「つぃ」と、
「し」とぅ「ち」とお、ちゃんとぅ、差し分きらっとおいびいたん=「し」「つ」とはきちんと、区別されていました。非丁寧文「~差し分きらっとおたん」。
伝統組踊保存会ぬ兄者方あ、実に、能う習あちゃんでぃ=伝統組踊保存会の先輩諸氏は実にうまく指導されていると、
思てぃ、肝ふぃじょういびいん=感心し満足しています
実に聞ちぐとぅやいびいたん。いっぺえ、にふぇえでえびたん=本当に素晴らしかったです。ありがとうございました。非丁寧文「~聞ち事やたん」。