イメージ 1

台風ぬ去るじゃる後ぬ西ぬ天

 10月(ぐぁち)んかいなてぃ、うんじゅまい、台風(てえふう)らあさるむぬぬ来(ち)ゃあびたん。
 沖縄(うちなあ)んかい来(ち)ゃる台風なかい、905ヘクトパスカルんでぃぬ強(ちゅう)ばあや、なあだ如(ぐとぅ)やんでぃぬ報道(ふうどぅう)やいびいたん。

 沖縄本島(うちなあ)や、暴風域(ぶうふういち)んかい掛(か)かてぃてぃが居(をぅ)らあ、掛かてえ居らんがあらあ、気象庁ぬ進路図しえ、分(わ)かい難(ぐり)しゃああいびいたしが、暴風域んかいや入っちぇえ居(をぅ)らんねえし、見(み)いやびたん。やいびいしが、午後10時前(めえ)ぐるまでえ、実(じゅん)に大風(ううかじ)ぬ吹ちゅがやんでぃ思(うま)ありいるあたい、涼風小(しだかじぐぁあ)どぅやいびいたるむぬ、午後10時まんぐるからあ、いっそうまぬまぎ台風ぬ如(ぐとぅ)、高(たか)ばしるぬ玉(たま)ぬがたないするあたい、強ばあ風(かじ)ぬ吹(ふ)ちょおいいたん。

 やいびいくとぅ、実(じゅん)ねえ、いふぃええ、暴風域んかい、かかとおたる筈(はじ)んでぃ思(うむ)やびいん。

 明(あ)き方(がた)ぬ6時(るくじ)まんぐる、白(しる)レースカーテンぬぶき色(いる)なとおいびいたくとぅ、ふぃるましむんでぃ思(うむ)やがなあ、レースカーテン開(あ)きやびたれえ、霧雨(ぐままみぐぁあ)ぬ降(ふ)やあに、西(いり)ぬ空(すら)ぬ雲(くむ)ぬいふぃふぇえ、ぶき色なとおいびいたん。天(てぃん)ぬ明(あ)けえゆしえ、台風ぬ来ゅうる徴(しるし)どぅやぶむんぬ、台風ぬ去る(は)ちゃる後(あとぅ)ん、明けえゆがやあんでぃ思やびたるしいじやいびいん。

【語句】
10月んかいなてぃ、うんじゅまい、台風らあさるむぬぬ来ゃあびたん=10月になって、遂に台風らしいものがやてきました。非丁寧文「~来ゃん」。
沖縄んかい来ゃる台風なかい=沖縄に接近した台風で
905ヘクトパスカルんでぃぬ強ばあや=905ヘクトパスカルという強力な台風は、
なあだ如やんでぃぬ報道やいびいたん=いまだかって、ないものだと報道されていました。非丁寧文「~やたん」。
沖縄本島や、暴風域んかい掛かてぃてぃが居らあ=沖縄本島は暴風域に入っているのか
掛かてえ居らんがあらあ、気象庁ぬ進路図しえ=入ってないのか、気象庁の進路図では、
分かい難しゃああいびいたしが=分かりにくくはありましたが、 非丁寧文「~あたしが」。
暴風域んかいや入っちぇえ居らんねえし、見いやびたん=暴風域に入ってないようにみえました。非丁寧文「~見いたん」。
やいびいしが、午後10時前ぐるまでえ=ですが、午後10時頃までは
実に大風ぬ吹ちゅがやんでぃ思ありいるあたい=本当に暴風が吹くのかと思われるほど、
涼風小どぅやいびいたるむぬ、午後10時まんぐるからあ=そよ風だったのに、午後10時過ぎからは、
いっそうまぬまぎ台風ぬ如、高ばしるぬ玉ぬがたないするあたい=普段の大型台風と同じく、窓ガラスががたがたと揺れるほど
強ばあ風ぬ吹ちょおいいたん=暴風が吹いていました。非丁寧文「~吹ちょおたん」。
やいびいくとぅ、実ねえ、いふぃええ、暴風域んかい=ですから、ほんとうは、少しは暴風域に
かかとおたる筈んでぃ思やびいん=入っていたのはないかと思います。非丁寧文「~思ゆん」。
明き方ぬ6時まんぐる、白レースカーテンぬ=明け方の6時ごろ、白のレースカーテンが、
ぶき色なとおいびいたくとぅ、=ピンク色になっていましたので、
ふぃるましむんでぃ思やがなあ、レースカーテン開きやびたれえ=珍しいものだと思いながら、レースカーテンを開けましたら、非丁寧文「~開きたれえ」。
霧雨ぬ降やあに、西ぬ空ぬ雲ぬいふぃふぇえ、ぶき色なとおいびいたん=霧雨が降って、西空の雲が少しピンクになっていました。非丁寧文「~ぶき色なとおたん」。
天ぬ明けえゆしえ、台風ぬ来ゅうる徴どぅやぶむんぬ=空が色づいて明るくなるのは、台風の前触れなのに、
台風ぬ去るちゃる後ん、明けえゆがやあんでぃ=台風が去った後も、「アケエユル」ものなのかと、
思やびたるしいじやいびいん=思った次第です。非丁寧文「~しいじやん」。