イメージ 1

 台風(ううかじ、てえふう)9号ぬ御蔭(うかじ)なかい、山原(やんばる)ぬダムお、満っちゃきいなとおる風儀(ふうじ)やいびいん。
 被害(きが)んまぎさたる筈(はじ)やいびいしが、恵(みぐ)みぬ雨(あみ)ん降(ふ)らち取とぅ)らちょおるしいじやいびいん。んちゃ、風(かじ)ん吹ちゅるあたいや、恵みんさんでえないびらん。
 写真や、台風9号ぬ去(は)ちから、ちゅてえ小(ぐぁあ)しからぬむぬやいびいん。ううじぬ諸倒(むるどお)りそおいびいしが、支(ちけ)え無(ね)えやびらん。うぬまあまあ、ふるゐいてぃ行ちゃびいん。
近頃(ちかぐる)ぬ台風や、「台風一過」んでぃ言(ゆ)しえ、無(ね)えらやびな、暴風圏抜きてぃからん、暴風ぬ吹ちゅい、また、強風圏から抜きてぃん、大風ぬ吹ちゃびいん。
 写真ぬじゅるばすん、車あ、風なかい、あまじかさってぃ、恐(うとぅる)しんむんやいびいたん。


【語句】
台風9号ぬ御蔭なかい、山原ぬダムお=台風9号のおかげで、北部のダムは
満っちゃきいなとおる風儀やいびいん=いっぱいになった様子です。非丁寧文「~風儀やん」。
被害んまぎさたる筈やいびいしが、恵みぬ雨ん=被害も大きかったはずですが、恵みの雨も、非丁寧文「~筈やしが」。
降らち取らちょおるしいじやいびいん=降らしてくれたと言うことです。非丁寧文「~しいじやん」。
んちゃ、風ん吹ちたっくぁあするあたいや、恵みんさんでえないびらん=そう、風も吹き荒れるぐらいは、恵みも与えてくれなければなりません。非丁寧文「恵みんさんでえならん~」。
写真や、台風9号ぬ去ちから、ちゅてえ小しからぬむぬやいびいん=写真は台風9号が去ってからしばらくしてからのものです。非丁寧文「~むぬやん」。
ううじぬ諸倒りそおいびいしが、支え無えやびらん=サトウキビが総倒れになっていますが、大丈夫です。非丁寧文「~諸倒りそおしが」「~支え無えらん」。
うぬまあまあ、ふるゐいてぃ行ちゃびいん=そのまま成長していきます。非丁寧文「~ふどぅゐいてぃ行ちゃびいん」。
近頃ぬ台風や、「台風一過」んでぃ言しえ、無えらやびな=最近の台風は「台風一過」というものがありませんで、非丁寧文「~無えらな」。
暴風圏抜きてぃからん、暴風ぬ吹ちゅい=暴風圏抜けてからも暴風が吹くし、
また、強風圏から抜きてぃん、大風ぬ吹ちゃびいん=また、強風圏から抜けても強風が吹きます。非丁寧文「~吹ちゅん」。
写真ぬじゅるばすん、車あ、風なかい、あまじかさってぃ=写真を撮るときも、車は風に揺さぶられ、 「(写真を)撮る」という意味の「ぬじゅん」は『沖縄語辞典』にはありません。
恐しんむんやいびいたん=恐かったです。非丁寧文「~恐しむんやたん」。