うちなあぐち日記

うちなあぐちえ 聴ち美らさ 語い美らさ 書ち美らさ

2017年02月

 うちなあぐちぬ「考(かんげ)えゆん」や日本語(やまとぅぐち)ぬ「考える」とお、使(ちけ)え様(よう)とお、変(か)わとおいびいん。
 日本語ぬ「考える」お、京都(ちょうとぅ)於(をぅ)とおてえ、やふぁってん小(ぐぁあ)し、撥(は)てぃゆるばすんじん、使(ちか)あらりる事んあんでぃぬ事(やいびいしが)、いいくるお、「思考する」んでぃぬ意味(ちむええ)どぅやいびいる。
 
 やいびいしが、うちなあぐちぬ「考えゆん」や、「考える」んでぃぬ意味ぬ他なかい、「とぅんじゃくすん」、「頼まりゆん」、「支(し)こうゆん」んでぃぬ意味んあいびいん。ゆうしいねえ、「御願えさりゆん」んでぃぬ意味んあいびいん。

 うちなあぐちぬ「御願(うにげ)え」や「神(かみ)んかい願(にが)ゆる事(くとぅ)」ぬ意味ぬる強(ちゅう、つう)さびいくとぅ、人(ちゅ)んかい、「御願え」するばあや、「考えてぃ呉みそおり(呉みしょうり)」んでぃちないる風儀(ふうじ)やいびいん。

 やいびいくとぅ、「ゆたさる如(ぐとぅ)、御願えさびら」ん、実(じゅん)にやれえ、「ゆたさる如、考えてぃ呉みしょり」んでぃぬ言(い)い様(よう)ぬる当(あ)たてぃが居(をぅ)らあん、分かやびらん。

 うんなくんな、”考えやびいねえ”、んちゃ、実に、うちなあぐちえ、字引びけえからあ、あらんようい、あまくまぬシマんじ、使あらっとおる言葉(くとぅば)ん、なれえ、ちゃんとぅ、あらたみやあに、使ゆしえ、ましえあらんがあらんでぃ、思(うむ)やびいん。
 日本語やてぃん、今ぬ意味とぅかあま昔(んかし)ぬ意味とお、変わてぃが居(をぅ)たらあん分かやびらん。
また、「考えゆん」の発音(いいよう)や、いいくる「考えいん」、「考えん」ぬ三通(みとぅう)いあいびいん。

【語句】
うちなあぐちぬ「考えゆん」や日本語ぬ「考える」とお=沖縄語の「考えゆん」は日本語の「考える」とは、
使え様ぬ変(か)わとおいびいん=使い方が異なっています。非丁寧文「~変わとおん」。
日本語ぬ「考える」お、京都於とおてえ、やふぁってん小し=日本語の「考える」は京都では、遠回しに、
撥てぃゆるばすんじん、使あらりいる事んあんぬ事やいびいしが=断わる場合に使われる事もあるとのことですが、非丁寧文「~事やしが」。
いいくるお、「思考する」んでぃぬ意味どぅやいびいる=多くは「思考する」との意味である。非丁寧文「~意味どぅやしが」。
やいびいしが、うちなあぐちぬ「考えゆん」や=しかし、沖縄語の「考えゆん」は、非丁寧文「やしが~」。
「考える」んでぃぬ意味ぬ他なかい=「考える」という意味の他に、
「とぅんじゃくすん」、「頼まりゆん」=「世話する」、「頼まれる」、
「支こうゆん」んでぃぬ意味んあいびいん=「用意・準備する」の意味もあります。非丁寧文「~意味んあん」。
ゆうしいねえ、「御願えさりゆん」んでぃぬ=もしかすると。「御願いされる」との、
意味んあいびいん=意味もあります。非丁寧文「~意味んあん」。
うちなあぐちぬ「御願え」が「神んかい願ゆる事」ぬ意味ぬる=沖縄語の「御願え」は「神に願う事」の意味こそが、
強さびいくとぅ、人んかい、「御願え」するばあや=強いのであるから、「御願い」する場合は、
「考えてぃ呉みそおり(呉みしょうり)」んでぃちないる風儀やいびいん=「考えてください」などとなるようです。非丁寧文「~風儀やん」。
やいびいくとぅ、「ゆたさる如、御願えさびら」ん=ですから、「よろしくお願いします」も
実にやれえ、「ゆたさる如、考えてぃ呉みしょり」んでぃぬ=本来なら、「よいように、考えください」などとの、
言い様ぬる当たてぃが居らあん、分かやびらん=言い方の方が、適しているかもしれません。非丁寧文「~分からん」。
うんなくんな、”考えやびいねえ”、んちゃ、実に=そんなこんな”考えれば”なるほど、本当に、
うちなあぐちえ、字引びけえからあ、あらんようい=沖縄語は辞書からだけではなく、
あまくまぬシマんじ、使あらっとおる言葉ん、なれえ、ちゃんとぅ=いろんな地方語も、できれば、ちゃんと、
あらたみやあに、使ゆしえ、ましえあらんがあらんでぃ、思やびいん=調べて、使うのがよいではないかと思います。非丁寧文「~思ゆん」。
日本語やてぃん、今ぬ意味とぅかあま昔ぬ意味とお=日本語でも、現在の意味とはるか昔の意味とは、
変わてぃが居たらあん分かやびらん=異なっていたのかも知れません。非丁寧文「~分からん」。
また、「考えゆん」の発音(いいよう)や=なお、「考えゆん」の発音は、
いいくる「考えいん」、「考えん」ぬ三通いあいびいん=大まかには、「考えいん」、「考えん」の三通りがあります。非丁寧文「~三通いあん」。

 くぬ前(めえ)迄(まで)え、今度(くんど)お、あいゆかん、温(ぬく)ばあっとおんでぃち、自一人(どぅうちゅい)、むさげえとおたいびいたるむんぬ、くぬ頃(ぐる)んしいや、寒(ふぃい、ひい)く、けえなてぃ、衣(ち)ぬん、うち重ね(かさ)びてぃ、着(ち)やあに、寒さ曲(ま)がいどぅそおびいる。

 新(しん)ぬ一月(いちぐぁち)迄(まで)え、確(たし)かに、温年(ぬくどぅし)がやらんでぃ、思(うむ)とおいびいたるむんぬ、二月(にんぐぁち)なたれえ、いいくる寒(ふぃい)くなてぃ来(ち)ょおいびいん。
 
 雲(くむ)とおる日(ふぃい、ひい)ぬどぅまんどおいびいしが、雨(あめ)え、所帯(すうてえ)降(ぶ)いどぅそおいびいる。雨ぬ降やあに、冷(ふぃず、ひずい)ぬ出(ん)じてぃ来ゅうる事んかい、「霜(しむ)かかゆん」んでぃ、言(い)やびいん。日本語(やまとぅぐち)ぬ「霜」とお、意味(ちむええ)や、別(びち)なとおいぎさいびいん。
 やいびいしが、うんな天気(うゎあちち)ぬどぅ、実(じゅん)にぬうちなあぬ冬(ふゆ)ぎさいびいる。
 
 クリスマス寒(びい)さん、冬至寒(とぅんいいびい)さん、餅寒(むうちいびいさ)ん無(ね)えやびらんたしが、今ぬ寒(ふぃい)さあ、雨水寒(うしいびい)さんでぃ言(ゆ)る風儀(ふうじ)やいびいん。

【語句】
霜かかとおん=雨で冷え込んでいる
くぬ前迄え、今度お、あいゆかん、温ばあっとおんでぃち=この前までは、今冬はとても暖かいと、
自一人、むさげえとおたいびいたるむんぬ、くぬ頃んしいや=一人で騒いでいましたのに、この頃は、非丁寧文「~むさげえとおたるむんぬ」。
寒く、けえなてぃ、衣ぬん、うち重ねびてぃ、着やあに=冷え込んでしまい、服も重ね着して
寒さ曲がいどぅそおびいる=寒さで縮籠っているのです。非丁寧文「~どぅそおる」。
新ぬ一月迄え、確かに、温年がやらんでぃ、思とおいびいたるむんぬ=新暦の一月までは、明らかに暖冬なのかと、思っていましたら、非丁寧文「~思とおたるむぬ」。
二月なたれえ、いいくる寒くなてぃ来ょおいびいん=二月になったら、多い頻度で寒くなってきています。非丁寧文「~来ょおん」。
雲とおる日ぬどぅまんどおいびいしが=曇り空が多いのですが、非丁寧文「~まんどおしが」。
雨え、所帯降いどぅそおいびいる=雨はほんの少ししか降りません。「所帯降い」(どしゃびりせず、けちけちして降ること)。非丁寧文「~降いどぅそおる」。
雨ぬ降やあに、冷いぬ出じてぃ来ゅうる事んかい=雨が降って冷え込むことを、
「霜かかゆん」んでぃ言やびいん=「霜ぬかかゆん」と言います。非丁寧文「~言やびいん」。
日本語ぬ「霜」とお、意味や、別なとおいぎさいびいん=日本語の「霜」とは意味が異なるようです。
やいびいしが、うんな天気ぬどぅ=ですが、そんな天候こそ、非丁寧文「やしが~」。
実にぬうちなあぬ冬ぎさいびいる=本当の沖縄の冬らしいのです。
クリスマス寒さん、冬至寒さん、餅寒ん無えやびらんたしが=クリスマス寒さも、冬至寒さも、餅寒さもなかったですが、非丁寧文「~無えんたしが」。
今ぬ寒さあ、雨水寒さんでぃ言る風儀やいびいん=今の寒さは「雨水寒さ」と言うらしいです。非丁寧文「~風儀やん」。

↑このページのトップヘ