うちなあぐち日記

うちなあぐちえ 聴ち美らさ 語い美らさ 書ち美らさ

2017年01月

 今日(ちゅう)やうちなあ正月(しょうぐぁち)なとおいびん。
 うちなあんじえ、実(じゅん)に、正月ぬ幾(いく)ちん、あびいくとぅ、とぅぬうまぬうするばすんあいびいしが、うりかあや、なあ世帯世帯(ちねえぢねえ)ぬ考(かん)げえさに、せえ済(し)むんでぃ、思(うむ)やびいん。
 強(し)いてぃまでぃ、うちなあんちゅやくとぅ、うちなあ正月さんとおなたんでぃぬ事(くと)お、無(ね)えやびらん。
 我達(わったあ)や、かあま先祖(しんず)ぬ門中(むんちゅう)ぬ新正月(やまとぅしょうぐぁち)さびいくとぅ、うりんかい合(あ)あち、新正月んそおいびいしが、仏壇(ぶちだん)ぬんかいぬ、飾(かざ)い物(むん)や、今日どぅさびいる。
 後(あとぅ)ぬうんじゅみ、二(た)けん、なあん正月そおるばすやいびいん。
 
 また、後生(ぐしょう)ぬ正月やるジュウルクニチイ(旧歴正月16日祭)んじえ、「御歳暮」持(む)っち、親戚(ゑえか)巡(まあ)いん、さんでえないびらん。うぬ日(ふぃい、ひい)や、先島(さちしま)まんぐらんじえ、いいくる墓参(はかめえ)どぅさびいしが…。

 やいびいしが、折目節日(ういみしちび)ぬまどおる事(くと)お、まる平生(ふぃいじい)や、行逢(いちゃあ)あららん、親戚、兄弟(ちょおでえ)ちゃあんとぅん、ふぃれえ事んなゆい、良(い)い事どぅやいびいる。また、親戚・兄弟ぬいきらさる人(ちゅ)ん達(ちゃあ)にとぅてぃん暦(くゆみ)また生身(いちみ)、今生(くんじょう)ぬリズムどぅやるんでぃち、考(かんげ)えやいねえ、うりんまた、孵(し)でぃ果報(がふう)どぅやびいる。

【語句】」
今日やうちなあ正月なとおいびん=今日は沖縄正月(旧正月)です。非丁寧文「~正月なとおん」。
うちなあんじえ、実に、正月ぬ幾ちん、あびいくとぅ=沖縄では本当に、幾つも正月がありますので、非丁寧文「~あくとぅ」。
とぅぬうまぬうするばすんあいびいしが、うりかあや=戸惑うこともありますが、その辺は、非丁寧文「~ばすんあしが」。
なあ世帯世帯ぬ考げえさに、せえ済むんでぃ、思やびいん=各世帯の考えで対処すれば良いと思います。非丁寧文「~思ゆん」。
強いてぃまでぃ、うちなあんちゅやくとぅ=必ずしも、沖縄人だから、
うちなあ正月さんとおなたんでぃぬ事お、無えやびらん=旧正月をしなければならないとう事はありません。非丁寧文「~無えん」。
我達や、かあま先祖ぬ門中ぬ新正月さびいくとぅ=私たち遠い祖先の門中(一族)が新正月をしますので、非丁寧文「~新正月すくとぅ」。
うりんかい合あち、新正月んそおいびいしが=それに合わせて、新正月もやっていますが、非丁寧文「新正月んそおしが~」。
仏壇ぬんかいぬ、飾い物や、今日どぅさびいる=仏壇へのお供えは今日するのです。非丁寧文「~今日どぅする」。
後ぬうんじゅみ、二けん、なあん正月そおるばすやいびいん=結局、二回も正月をやっているわけです。非丁寧文「~ばすやん」。
また、後生ぬ正月やるジュウルクニチイ(旧歴正月16日祭)んじえ=また、後生(死者)の正月である十六日蔡には、
「御歳暮」持っち、親戚巡いん、さんでえないびらん=「御歳暮」を携えて、親戚廻りをしなければなりません。非丁寧文「~さんでえならん」。
うぬ日や、先島まんぐらんじえ、いいくる墓参どぅさびいしが…=(もっとも)その日は先島辺りでは、基本的には墓参りですが…。非丁寧文「~墓参どぅすしが…」。
やいびいしが、折目節日ぬまどおる事お、まる平生や=ですが、節目節目に祭がある事は、普段は、 非丁寧文「やしが~」。
行逢あららん、親戚、兄弟ちゃあんとぅん、ふぃれえ事んなゆい=逢えない親戚・兄弟たちとも、お付き合いする事ができるし、
良い事どぅやいびいる=良い事なのです。非丁寧文「良い事どぅやる」。
また、親戚・兄弟ぬいきらさる人ん達にとぅてぃん=また、親戚・兄弟が少ない人たちにとっても、
暦また生身、今生ぬリズムどぅやるんでぃち、考えやいねえ=暦また人生、今生の(における生活の)リズムと考えれば、
うりんまた、孵でぃ果報どぅやびいる=それもまた、ありがたいことなのです。非丁寧文「~果報どぅやる」。

 昨日(ちぬう)や、ムーチーやいびいたしが、ふぃるましむん、何(ぬう)ん、寒(ふぃい)くん、無(ね)えやびらな、新暦(しん)ぬ4、5月(し、ぐんぐぁち)ぬ天気(うゎあちち)ぬ如(ぐとぅ)どぅあいびいたる。
 
 いっそおまあやれえ、ムーチー寒さあムーチーないねえ、、必(かんな)じ、あい、うちなあんちゅぬ誰(たあ)がん、自慢(じまん)するあたい、うちなあ暦(ぐゆみ)え、実(じゅん)に当(あ)たとおいびいたるむんぬ、今度(くんど)びいけえのお、違(ちが」とおいびいん。

 去(ん)じゃる12月(じゅうにぐぁち)ぬ均(なら)ちぬ気温のお、測(はか)い始(はじ)みてぃから、一番、高さたんでぃぬ事(くとぅ)やい、今(なま)から後(あとぅ)ん、うぬ風儀(ふうじい)がやいびいら。

【語句】
あいだあ、ムーチーびいさあ=あれ、どうしたムーチー寒さは
昨日や、ムーチーやいびいたしが、ふぃるましむん=昨日はムーチーに日でありましたが、珍しいことに、非丁寧文「~やたしが」。
何ん、寒くん、無えやびらな、新暦ぬ4、5月ぬ=何も寒くもありませんで、新暦に4,5月頃の、 非丁寧文「~無えらな」。
天気ぬ如どぅあいびいたる=天気のようでした。非丁寧文「~どぅあたる」。
いっそおまあやれえ、ムーチーないねえ、ムーチー寒さあ=平年なら、ムーチーの日になれば、ムーチー寒さは、
必じあい、うちなあんちゅぬ誰がん、自慢するあたい=必ずあるのであり、おきなわじんの誰もが、自慢するほど、
うちなあ暦え、実に当たとおいびいたるむんぬ=旧暦(の季節表現)は、本当に的確だったですのに、非丁寧文「~当たとおたるむんぬ」。
今度びいけえのお、違とおいびいん=今年だけは、狂っています。非丁寧文「~違とおん」。
去じゃる12月ぬ均ちぬ気温のお、測い始みてぃから=去る12月の平均気温は観測し始めてから、
一番、高さたんでぃぬ事やい、今から後ん、うぬ風儀がやいびいら=最高を記録したとうことであり、今後もその調子でいくのだでしょうか。非丁寧文「~風儀がやら」。

 ぐすうよう、良(い)い正月(しょうぐぁち)でえびる。
 新年(あきまどぅし)、当(あた)てぃ、ぐすようぬ体勝(からたまさ)いとぅ、百果報(むむがふう)、願(にが)やびら。
 今年(くとぅし)ん、くぬブログ、思愛(うみがな)さし、うたびみせえびいる如(ぐとぅ)、御願(うにげ)え、うんぬきやびら。
 幾世迄(いくゆまでぃ)ん、平和世(ひいわゆう)たぼうり。

【語句】
ぐすうよう、良い正月でえびる=みなさま、あけましておめでとうございます。非丁寧文「~良い正月どぅやる」となるが、実施は使いません。「でえびる」は「どぅやいびいる」の約まった音。
新年、当てぃ、ぐすようぬ体勝いとぅ、百果報、願やびら=新年にあたり、みなさまがたのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。非丁寧文「~願ら」。
今年ん、くぬブログ、思愛さし、うたびみせえびいる如、御願え、うんぬきやびら=今年もこのブログをご愛読いただきますよう、お願い申し上げます。非丁寧文「~うんぬきら」等となりますが、「うんぬきゆん、うんにゅきゆん等」自体が「言う」の寧寧ゴであるため、このような言い方は実際はありません。
幾世迄ん、平和世たぼうり=とこしえに、平和の世の中でありますように。非丁寧文「~呉り」、「取らし」となりますが、この場合は必ず丁寧文にしますので、実際は用いません。

↑このページのトップヘ