うちなあぐち日記

うちなあぐちえ 聴ち美らさ 語い美らさ 書ち美らさ

2014年03月

 今度(くんどぅ)ぬ甲子園(くうしいん)んかいや、沖縄尚学とぅ美里工業ぬ二校ん出(ん)じとおいびいたるむぬ、残念(ざんに)のおやいびいしが、今日(ちゅう)、沖縄尚学ぬけえ負きたる事(くとぅ)にゆてぃ、二校共(とぅむ)、居(をぅ)らんなやびたん。
 沖縄尚学お、二回戦迄え、ゆうさんでえ、優勝しいがすらんでぃ思(うま)ありいるあたい出来(でぃき)らちょおいびいたるむぬ、今日や、外(ふか)ぬ底(すく)んかい曲がてぃちゅうる球とぅあたらな、空振(んなぶ)いする事(くとぅ)ぬ多(うふ)さんねえ思(うむ)やびたん。
 美里工業や、甲子園や初(はじ)みてぃどぅやいびいたしが、半(なか)ら迄え、2点負かちょおいびいたくとぅ、意地(いじ)ゃあやるむんでぃ、思とおいびいたいしが、後(あとぅ)じいんじ、けえうっちぇえらってぃ、残念やいびいたん。
 二校共ちびらあさいびいたんどお。

【語句】
今度ぬ甲子園んかいや、沖縄尚学とぅ美里工業ぬ=今度の甲子園には沖縄尚学と美里工業の
二校ん出じとおいびいたるむぬ=二校も出場しましたのたのに、  非丁寧文は「~出じとおたるむぬ」。  
残念のおやいびいしが、今日=残念ながら、今日、  非丁寧文は「残念のおやしが」。
沖縄尚学ぬけえ負きたる事にゆてぃ=沖縄尚学が負けたことによって、
二校共、居らんなやびたん=二校とも消えました。非丁寧文は「~居らんなたん」
沖縄尚学お、二回戦迄え、ゆうさんでえ=沖縄尚学は二回戦まではひょっとすると、
優勝しいがすらんでぃ思ありいるあたい=優勝するのかしれないと思われるほど、
出来らちょおいびいたるむぬ、今日や=よい出来栄えだったのに、今日は、  非丁寧文は「~出来らほおたるむぬ」。
外ぬ底んかい曲がてぃっちゅうる球とぅあたらな=外角へ変化していく球に対応できず、
空振いする事ぬ多さんねえ思やびたん=空振りする事が多いように思えました。非丁寧文は「~思たん」。
美里工業や、甲子園や初みてぃどぅやいびいたしが=美里工業は甲子園は初めてでしたのに、 非丁寧文は「~初みてぃどぅやたしが」。
半ら迄え、2点負かちょおいびいたくとぅ=途中までは2点リードしていましたので、 非丁寧文は「~負かちょおたくとぅ」。
意地ゃあやるむんでぃ、思とおいびいたいしが=勇敢だと思っていましたが、 非丁寧文は「~思とおたしが」。
後じいんじ、けえうっちぇえらってぃ、残念やいびいたん=後半で逆転されしまい残念でした。非丁寧文は「~残念やたん」
二校共ちびらさいびいたんどお=二校共素晴らしかったですよ。非丁寧文は「~ちびらあさたんどお」。

 今先(なまさち)、ねえぬ揺(ゆ)りとおいびいたん。震度1、2ぐれえや慣(な)りとおいびいしが、震度3からあ、実(じゅん)に恐(うとぅ)るしむんやいびいん。
 くぬねえや、夕(ゆ)びぬ震度4ぬ余震がやいびいら。
 夕びえ、「グォー」んでぃゆる大音(うふうとぅ)なかい目固(みいぐぁ)はいしみらってぃ後(あとぅ)、ガタガタ、ユサユサし、家(やあ)ぬゐいちゃあ、ゐいちゃあさびいたん。いやでぃん、ようい、一時(いっとうちゃ)どぅやる筈(はじ)んでぃ思(うむ)とおいびいたれえ、あちらん、とまやびらんたん。ねえぬまぎさしん、恐るしむんやいびいしが、揺るゆる時間ぬ長えさしえ、ようんなあようなあ、恐るさなてぃちゃあびいさ。
 2、3年(にん)前(めえ)や、震度5弱んでぃぬねえぬあいびいたしが、あぬばとぅ、負(ま)きらんあたい、大どぅんもういそおびいたさ!
 
【語句】
今先、ねえぬ揺りとおいびいたん=先ほど、地震がありました。非丁寧文は「~揺りとおたん」。
震度1、2ぐれえや慣りとおいびいしが=震度1,2程度は慣れていますが、 非丁寧文は「~慣とおしが」。
震度3からあ、実に恐るしむんやいびいん=震度3からは本当に怖いものです。非丁寧文は「~恐るしむんやん」。
くぬねえや、夕びぬ震度4ぬ余震がやいびいら=この地震は昨夜の震度4の余震なのでしょうか。非丁寧文は「~余震がやら」。
夕びえ、「グォー」んでぃゆる大音なかい=夕べは「グォー」という轟音に、
目固はいしみらってぃ後=起こされて後、
ガタガタ、ユサユサし、家ぬ=ガタガタ、ユサユサと、家が
ゐいちゃあ、ゐいちゃあさびいたん=揺れ動きました。非丁寧文は「~すたん」。
いやでぃんようい、一時どぅやる筈んでぃ思とおいびいたれえ=どうせ一時的だろうと思っていましたら(意訳)、  非丁寧文は「~思とおたれえ」。
あちらん、とまやびらんたん=なかなか、やみません。非丁寧文は「~とまらん」。
ねえぬまぎさしん、恐るしむんやいびいしが=地震は大きさも恐ろしいものですが、 非丁寧文は「~むんやしが」。
揺るゆる時間ぬ長えさしえ=揺れる時間が長いものは、
弱んなあ弱んなあ、恐るさなてぃちゃあびいさ=徐々に、恐ろしくなってきますよ。非丁寧文は「~むんやさ」。
2、3年前や、震度5弱んでぃぬねえぬあいびいたしが=2,3年前に震度5弱とうのがありましたが、 非丁寧文は「~あたしが」。
あぬばすとぅ、負きらんあたい、大どぅんもういそおいびいたさ!=あの時に劣らないぐらい、仰天しましたよ!  非丁寧文は「~大どぅんもういそおたさ」。
 

↑このページのトップヘ