うちなあぐち日記

うちなあぐちえ 聴ち美らさ 語い美らさ 書ち美らさ

2011年05月

 くねえだ来(ち)ゃる台風(ううかじ)1号や、涼風(しだかぜ)小(ぐぁあ)どぅやたるむぬ、台風2号や、うすまさ強(ちゅう)ばあやいびいたん。
 940ヘクトパスカルんでぃいねえ、沖縄(うちなあ)んじえ、普通どぅやいびいしが、2号や、まんじがけえ違たらあ、でえじな強(ちゅう)ばあなてぃ、ふしがりやびらんたん。
 庭(なあ)ぬ椰子一本ぬ、そうらあしく倒(とお)さりやびたしが、庭木が台風なかい倒さりいしえ、生(ん)まりてぃ初(はじ)みてぃやいびいん。
 バイクぬシート迄(までぃ)ん、人(ちゅ)が開きたんねえし、開きらってぃ、ふぃるましむんやいびいさ。やいびいしが、庭ぬゴーヤーが、台風ぬ持(む)ちちゃる潮水(うすみじ)とぅ強風なかい、いっそうから、さっとおいびいん。あふぁあ成とおいびいさ。

 停電(てぃいでぃ)ぬん夕(ゆ)びぬ10時前から、今日(ちゅう)ぬ14時迄そおいびいたくとぅ、湯風呂(ゆふる)ん入ららんあい、物(むぬ)んしこうゆる事ん、ないびらんたん。

 やいびいしが、うぬあたいぬ被害(げえ)や、東日本大震災ぬ被害んかい比(く)なびいねえ、被害ん何(ぬう)ん、あいびらん。

【語句】
くねえだ来ゃる台風1号や=この前、来た台風1号は
涼風小どぅやたるむぬ=そよ風だったのに。「小」は対象物を、小さく見たり、可愛く見たり、弱々しく見たり、見くびったり、バカにしたりする場合に使う。「思(うむ)やあ小(ぐぁあ)」は恋人。
台風2号や、うすまさ強ばあやいびいたん=台風2号は恐ろしく強かったです。非丁寧文は「~強ばあやたん」。「うすまさ」は「おそろしく」。
940ヘクトパスカルんでぃいねえ=940ヘクトパスカルといえば
沖縄んじえ、普通どぅやいびいしが=沖縄では普通なのですが。「どぅ」は前語を強調する助詞。非丁寧文は「普通どぅやしが」。
2号や、まんじがけえ違たらあ=2号はどこで、おかしくなったのか
でえじな強ばあなてぃ=とても強く
ふしがりやびらんたん=どうしようもありませんでした。非丁寧文は「ふしがらんたん」。
庭ぬ椰子一本ぬ=庭の椰子が一本
そうらあしく倒さりやびたしが=きれいに倒されましたが。「そうらあさん」は「立派に」という意味だが、ここでは皮肉を込めています。非丁寧文は「倒さったん」。
庭木が台風なかい倒さりいしえ=庭木が台風で倒されるのは
生まりてぃ初みてぃやいびいん=生まれて初めてです。非丁寧文は「初みてぃやん」。
バイクぬシート迄ん=バイクのシートまでも
人が開きたんねえし=人が開けたかのように
開きらってぃ、ふぃるましむんやいびいさ=開けられ、おかしなものですよ。
やいびいしが、庭ぬゴーヤーが=ですが、庭のゴーヤーが
台風ぬ持ちちゃる潮水とぅ強風なかい=台風が運んできた潮水と強風で
いっそうから、さっとおいびいん=片っ端からやられました。非丁寧文は「さったん」。
あふぁあ成とおいびいさ=がっかりですよ。非丁寧文は「あふぁあなとおさ」。
停電ぬん夕びぬ10時前から=停電も夕べの10時前から
今日ぬ14時迄そおいびいたくとぅ=今日の14時迄していましたから。非丁寧文は「~そおたくとぅ」。
湯風呂ん入ららんあい=風呂にもはいれないし
物んしこうゆる事ん=食事を作ることも
ないびらんたん=できませんでした。非丁寧文は「ならんたん。
やいびいしが、うぬあたいぬ被害や=ですけど、これぐらいの被害は
東日本大震災ぬ被害んかい比なびいねえ=東日本の被害に比べれば
被害ん何ん、あいびらん=被害でも何でもありません。

 ソフトバンクぬ孫正義社長や「自然エネルギー協議会」んでいゆる団体ゆ立ち上(あ)ゃぎやあに、日本まぎりぬ休耕作地・休田ぬんかい太陽光うりから風力発電んでえゆ造(ちゅく)てぃ行(い)ちゅる「電田プロジェクト」ゆ進(しし)みてぃ行ちゅるくぬそおんでぃぬ事(くとぅ)やいびいん。
 
 うりが成いぬむんどぅんやれえ、原子力発電(ぎんるくはちでぃん)ぬ50基分(ちぶ)ぬんかい当たゆんでぃぬ事やいびいん。

 原子力発電や、一(ちゅ)けん、造いねえ、何万年、何十万年ぬん、管理し行かんでえんらん、厄介(やっけえ)なむぬんやい、また、一けん事故(じく)んでえ、けえ起(う)くしいねえ、国滅(くにふる)さびいん。

 孫社長や、良(ゆ)う、立ち上ゃがてぃ、呉(くぃ)みそおちゃん。うみはまいみそおり!したいさい!
 うんじゅが御蔭(うかじ)さあに、日本(にふ)ぬん、なあだ希望(ぬじみ)ぬあいびいん。

【語句】
ソフトバンクぬ孫正義社長や=ソフトバンクの孫正義社長は
「自然エネルギー協議会」んでいゆる=「自然エネルギー協議会」という
団体立ち上ゃぎやあに=立ち上げて
日本まぎりぬ休耕作地・休田ぬんかい=日本中の休耕作地、休田に。「まぎり」は「間切(行政単位で今の市町村)という意味もあるが、「~全体」という意味もあります。
太陽光うりから風力発電んでえゆ=太陽光と風力発電などを
造てぃ行ちゅる=建設していく
「電田プロジェクト」ゆ進みてぃ行ちゅる=「電田プロジェクト」を推進していく
くぬそおんでぃぬ事やいびいん=計画をしているとの事です。非丁寧文は「~事やん」。
うりが成いぬむんどぅんやれえ=それが実現すれば。「むんどぅん」は「ものでも」という意味で、強調になります。「うりが成いねえ」(それができれば)でもよい。
原子力発電ぬ50基分ぬんかい=原子力発電の50基分に
当たゆんでぃぬ事やいびいん=相当するとこのです。非丁寧文は「~事やん」。
原子力発電や、一けん、造いねえ=原子力発電は、一度、建設すれば
何万年、何十万年ぬん=何万年、何十万年も
管理し行かんでえんらん=管理しなければならない
厄介なむぬんやい=厄介なものであり
また、一けん事故んでえ=また、一度事故でも
けえ起くしいねえ=起こしてしまえば
国滅さびいん=国を滅ぼします。
孫社長や、良、立ち上ゃがてぃ、呉みそおちゃん=孫社長は良く立ち上がってくれました。非敬語文は「~呉たん」。
うみはまいみそおり=頑張ってください。頑張りなされ。「うみはまいみそおれえ」でもよい。非敬語文は「うみはまり」または「うみはまれえ」。「はまゆん(頑張る)」に強調を表わす接頭辞?「うみ」が付いた語です。
したいさい!=よくやりました。非敬語文は単に「したい」。日本語の「したり」。
うんじゅが御蔭さあに=あなたのおかげで
日本ぬん、なあだ希望ぬあいびいん=日本にも、まだ希望があります。非丁寧文は「~ぬあん」。

 台風(ううかじ)一号ぬ来(ち)ゃあびたしが、今(く)ぬ暇(まあど)お、何(ぬう)ぬ支(し)こういんさびらんたん。
 何(ぬ)がんでえ、暴風域(ぼうふういち)ぬ無(ね)えんでぃぬ事(くとぅ)やたくとぅどぅやいびいる。
 庭(なあ)んかいゴーイー小(ぐぁあ)ん植(ゐ)いてえびいしが、ゴーイーぬ茎(ぐち)ぬ巻ちいちゅんねえし、メイクマンから買(こ)うてぃ来(ち)ゃる棒小(ぼうぐぁあ)差込(さしく)でぃ置(う)ちぇえるうっぴどぅやいびいたしが、うりん、うぬまあまあしん、倒(とお)りいんさびらんたん。
 うぬあたい、風(かじ)ぬ弱(よう)さたるばすやいびいん。雨(あみ)え、降とおたしえ、降とおいびいたしが…。

 某テレビ局ぬ天気予報士や、「くぬ台風一号ぬ進路や、くぬ節とぅせえ、いっそうまぬコース(スタンダード)やしが、速度ぬにいさん」なっくぇえ、言ちょおびいたしが、うり聞(ち)ち、我ねえ、でえじな異風なあ思(うみ)やびたん。
  
 何(ぬ)がんでえ、くぬ節ぬ台風や、南(ふぇえ)から上がてぃ来ちゃあに、いいくる、うぬまあまあ、大陸んかいどぅ向かゆる、弓ぬ如(ぐとぅ)曲がてぃ、東北(うしとぅら)んかい、行ちゅるむぬおあいびらん。また、速度ん、大概(てえげえ)ぬ台風や沖縄(うちなあ)んかい来ゅうる迄(まで)え、ようんななやあに、沖縄過(し)ぎてぃ後(あとぅ)からどぅ、速度ん、さあらない成いびいる。


【語句】
台風一号ぬ来ゃあびたしが=台風一号が着ましたが。非丁寧文は「~来ゃしが」。
今ぬ暇どお=このたびは。
何ぬ支こういんさびらんたん=何の対策もしませんでした。非丁寧文は「~さんたん」。
何がんでえ=なぜかといえば。
暴風域ぬ無えんでぃぬ=暴風域が無いとのこと。
やたくとぅどぅやいびいる=だったからでした。非丁寧文は「~どぅやたる」
庭んかいゴーイー小ん=庭にゴーヤーも。
植いてえびいしが=植えてありましたが。非丁寧文は「植いてえしが」。
ゴーイーぬ茎ぬ=ゴーヤーの茎が。「ゴーイー」は別名の「ゴーヤー」が有名です。
巻ちいちゅんねえし=巻いてゆくように。
メイクマンから買うてぃ来ゃる=メイクマンから買ってきた。
棒小差込でぃ=小さな棒を差し込んで。「小(ぐぁあ)」は、ここでは「小さい」の意味。
置ちぇえるうっぴどぅやいびいたしが=おいただけでしたが。「うっぴ」は「だけ」。「どぅ」は前語を強調する助詞。非丁寧文は「~どぅやたしが」。
うりん、うぬまあまあしん=それも、そのままにしておいても。「うぬまあまあ」は「うぬままあ」ともいう。
倒りいんさびらんたん=倒れもしませんでした。非丁寧文は「~さんたん」。
うぬあたい=それほど。
風ぬ弱さたるばすやいびいん=風が弱かったわけです。「ばす」はここでは「わけ」。非丁寧文は「~ばすやん」。
雨え=雨は。
降とおたしえ、降とおいびいたしが…=降っていたことは降っていましたが…。非丁寧文は「降とおたしが」。
某テレビ局ぬ天気予報士や=某テレビ局の天気予報士は。
くぬ台風一号ぬ進路や=この台風一号の進路は。
くぬ節とぅせえ=この季節としては。
いっそうまぬコースやしが=いつものコースですが。
速度ぬにいさん=速度が遅い。
なっくぇえ、言ちょおびいたしが=などと言っていましたが。非丁寧文は「~言ちょおたしが」。
うり聞ち=それを聞いて。
我ねえ=私は。
でえじな異風なあ思やびたん=とても変に思いました。  
何がんでえ=なぜなら。
くぬ節ぬ台風や=この季節(初夏、春)の台風は。
南から上がてぃ来ちゃあに=南から上がってきて。
いいくる、うぬまあまあ=おおむね、そのまま。
大陸んかいどぅ向かゆる=大陸に向かうのであって。「どぅ」は前語を強調する助詞で、ここでは「~なのであって」と訳しました。
弓ぬ如、曲がてぃ=弧を描いて。
東北んかい、行ちゅるむぬおあいびらん=東北に行くのではありあません。非丁寧文は「~あらん」。
また、速度ん=また、速度も。
大概ぬ台風や=おおよその台風は。
沖縄んかい来ゅうる迄え=沖縄に来るまでは。
ようんななやあに=ゆっくりであり。
沖縄過てぃ後からどぅ=沖縄を過ぎてから後に(こそ)。「どぅ」は前語を強調する助詞。
速度ん、さあらない成いびいる=速度も増すのである。「さあらない」は「さっと(行く)」の意味の副詞です。「さあらない成ゆん」で「スピードを増して行く」の意味になります。非丁寧文は「~成ゆる」。連体形で結ばれているのは前語の強調助詞「どぅ」を受けてです。

 いっそうまあやれえ、五月(ぐんぐぁち)成てぃからどぅ、梅雨(小満芒種=スウマンブウス)んかい成ゆるむぬ、今度(くんど)お、うぬ早く、いな梅雨んかいけえ成とおんでぃぬ事(くとぅ)やいびいん。
 冬ん長びち、なあだ、布団(ううどぅ)、毛布(むしん)そうなむのお、うぬまあまあ使(ちか)とおるむぬやいびいしが、梅雨ぬ終(をぅ)わらん限(かじ)り、洗たい、干ちゃいん成らんでぃ、思(うみ)いねえ、だりやびいん。

 くぬ記事書(ちじか)ちょおる間(ゑえだ)なかいん、雷(がんない)ん鳴ゆい、実(じゅん)に梅雨んかい成とおるばあやさやあんでぃ思(うみ)やびいん。
 んちゃ、家(やあ)ぬ中あ、ふみち、床あ、踏(く)だみいねえ、湿気(しち)がかいそおる事(くとぅ)ぬ分かやびいん。あんしまた、外(ふか)んかい出(ん)じいねえ、しぷたてぃ、肝(ちむ)までぃ、しったやびいん。

 東日本(あがりにふん)ねえし、大地震(うふねえ)、大津波(うふしがりなみ)なかい、さったる所(とぅくる)ぬあんまさんかい比(く)なびいねえ、うんな梅雨ぐれえぬあんまさや、何んあいびらん。

 やいびいしが、福島原発や、あるさいくりさいし、色(いる)んな業(わざ)そおる風儀(ふうじ)やいびいしが、まさか又ん使(ちか)ゆる積(ちむ)ええやあいびらんさにやあ。
 なあ廃炉すぬ積(ちむ)ええさあに、そうまりい、業進(わざしし)みいしえ、ましえあいびらんがやあ。 

【語句】
いっそうまあやれえ=いつもだと。
五月成てぃからどぅ=語活になってからしか。「どぅ」は前語を強調する助詞で、次にくる用言は通常は連体形で結ぶ。ここでは「~からしか」と訳します。
梅雨(小満芒種)んかい成ゆるむぬ=梅雨になるのに。沖縄語では「小満芒種」が梅雨に使われてしまっていますが、日本語と意味がずれるケースは多いです。例えば、「だび→葬列」、「がし→飢饉」、「くんどぅ→今年」等。「~むぬ」は「~なのに」。
今度お=今年は。
うぬ早く=こんなにも早く。
いな梅雨んかい=もう、梅雨に。
けえ成とおんでぃぬ事やいびいん=なってしまったとの事です。非丁寧文は「~事やん」。「けえ」は「~してしまう」の副詞で、動詞の前に付きます。
冬ん長びち=冬も長引いて。
なあだ=まだ。南部糸満あたりでは「まあだ」となります。
布団、毛布そうなむのお=布団、毛布のようなものは。毛布は「けっと」とも言います。
うぬまあまあ=そのまま。
使とおるむぬやいびいしが=使っているのですが。非丁寧文は「~やしが」。
梅雨ぬ終わらん限り=梅雨が終わらない限り。
洗たい、干ちゃい ん=洗ったり、干したり も。
成らんでぃ=できないと。「成ゆん」には「できる」と「成る」の意味があります。
思いねえ=思えば。
だりやびいん=(ここでは)気が滅入ります。「だりゆん、だりいん」は「だれる」の意味。非丁寧文は「だりゆん」。
くぬ記事書ちょおる間なかいん=この記事を書いている間にも。
雷ん鳴ゆい=雷も鳴るし。
実に梅雨んかい=本当に梅雨に。
成とおるばあやさやあんでぃ思やびいん=なったのだなと思います。非丁寧文は「~思ゆん」。
んちゃ=(ここでは)なるほど。
家ぬ中あ=家の中は。
ふみち=湿気ていて。
床あ=床は。
踏だみいねえ=踏むと。
湿気がかいそおる事ぬ=湿気ていることが。
分かやびいん=分かります。非丁寧文は「分かゆん」。
あんしまた=そしてまた。
外んかい出じいねえ=外に出れば。
しぷたてぃ=じめじめして。
肝までぃ、しったやびいん=心まで濡れます。非丁寧文は「~しったゆん」。
東日本ねえし=東日本のように。
大地震、大津波なかい=大地震、大津波によって。
さったる所ぬ=やられたところの。
あんまさんかい比なびいねえ=辛さに比べれば。
うんな梅雨ぐれえぬ=そんな梅雨ぐらいの。
あんまさや=辛さは。
何んあいびらん=何でもありません。非丁寧文は「何んあらん」。
やいびいしが=ですけど。
福島原発や=福島原発は。
あるさいくりさいし=あれをしたり、これをしたり。
色んな業そおる風儀やいびいしが=いろんな作業をしているようですが。非丁寧文は「~やしが」。
まさか又ん=まさか再び。
使ゆる積ええやあいびらんさにやあ=使う積もりではないでしょうね。
なあ廃炉すぬ積ええさあに=もう廃炉にするつもりで。
そうまりい=さっさと。
業進みいしえ=作業を進めた方が。
ましえあいびらんがやあ=よいのではないでしょうかねえ。非丁寧文は「~あらんがやあ」。

↑このページのトップヘ