うちなあぐち日記

うちなあぐちえ 聴ち美らさ 語い美らさ 書ち美らさ

2010年02月

 今日(ちゅう)ぬ午後、またん、チリからしがり波ぬ寄(ゆ)してぃ、来(ち)ゅうんでぃぬ事(くとぅ)やいびいん。
 我(わあ)が小学校(しょうぐぁっこう)やたるばすやいびいん。
 いっそうまぬ如(ぐとぅ)、学校んかい行ちゅんでぃち、向(ん)かとおたれえ、前(めえ)から小学生ぬ戻(むとぅ)てぃ、来ゃあびいたん。高所(たかどぅくる)んかい在たる通学路から学校まんぐらぬ海ぬ側(すば)ぬ原(もう)とぅか田畑んかい海水ぬ(うみみじ)入っち、くむいぬ如成とおいびいたん。
 「今日(ちゅう)や学校や休(やし)みやんでぃさ」
 んでぃち、戻てぃ来ゅうる小学生ぬ言ゃびたん。
 「何(ぬ)が」
 んでぃち、問(とぅ)うやびたれえ、
 「しがり波ぬ来(ち)ょおんでぃさ」
 んでぃぬ返事(ふぃじ)やいびいたん。
 あんし、我(わん)にん、学校んかいや行かんようい、うぬまま、家(やあ)んかい戻たるばすやいびいん。
 なあ明日(あちゃ)、学校ぬ先生(しんしい)や、
 「昨日ノ津波ハ、チリから来タソウデスヨ。津波ノスピードハ、ジェット機並ダソウデスヨ」
 んでぃち、語とおいびいたん。

【語句】
しがり波=津波。
来ゅうん でぃぬ 事 やいびいん=来る との 事 です。
やたる ばす やいびいん=だった 時 です。
いっそうま ぬ 如=いつも の ように。
学校 んかい 行ちゅん でぃち=学校 に 行く と。
向かとおた れえ=向かっていた ら。
戻てぃ 来ゃあびいたん=戻って 来ました。
学校まんぐら ぬ 海ぬ側ぬ=学校近辺 の 海の側。
くむい ぬ如成とおいびいたん=池 のように なっていました。
休みやんでぃさ=休みだってさ。
何が=なぜ、どうして。
問うやびたれえ=問いましたら。
来ょおんでぃさ=来たとさ。
返事やいびいたん=返事でした。
あんし=それで。そして。
学校 んかいや 行かんようい=学校 には 行かずに。
戻たる ばす やいびいん=戻った わけ です。
なあ明日=翌日。
語とおいびいたん=話していました。

 明き方ぬ5時過(し)じがやたら、ちゅうちゃん、家(やあ)ぬゐいち始(はじ)みやびたん。
 
 いっそうまぬねえぬ如(ぐとぅ)、ちゅてえ小(ぐぁあ)しいや、止みいがすらんでぃ、思(うむ)とおいびいたしが、むさっとぅ、止(とぅ)まやびらな、長(なげ)えさ、ゐいちょおいびいたん。
 ゴーみかち、音(うとぅ)んさびたん。肝(ちむ)の覚(うび)いがやら、横(ゆく)びけんやあいびらん、縦(たてぃ)んかいゐいちゅんねえそおいびいたん。
 半らからあ、ゆくん、強(つう)くなたいさびたくとぅ、実(じゅん)に、肝ふぃずらち、家ぬ壊(くう)りらんがあらんでぃち、ベットぬ上(うわ)びんじ、肝ふとぅふとぅうし、やがてぃ魂脱(たましぬ)ぎゆる所(とぅくる)やいびいたさ。

 テレビ点(ち)きてぃ、見(ん)じいねえ、糸満や震度5弱んでぃち、字幕ぬあいびいたん。
 
 あんし、なあだ、夜や明きてえ居いびらんたしが、電灯点(ち)きやあに、壊りとおる所(とぅくま)あ、無(ね)えらんがやあんでぃち、あまくま、調びてぃ見(な)あびたしが、異常や無えたびらんたん。
 
 くん如とおるねえや生(ん)まりてぃ初みてぃやいびいさ。
【語句】
あきさみよ=「なんてこった」。「おやまあ」。「あらまあ」。驚いたり、意外な事態に発する感嘆語。「はきさみよ」「あぎじゃみびよ」「はんまよお」「あんまよお」「あぎじゃい」「あぎじゃべ」「あぎじゃべようらい」等のバージョンがある。「あいええなあ」は少しニュアンスが異なるが似る。地方には「あいやっば(平敷屋)」、「あっかええ(石垣市白保)」となるなど、実に多彩。英語の「Oh my god」の方が適切な訳。
5時過じ が やたら=5時過ぎ だったのだろうか。
ちゅうちゃん=突如、突然。
家ぬ ゐいち 始み やびたん=家が 揺れ 始め ました。
いっそうまぬ=いつもの。
ねえ=地震。
ぬ 如=の ように。
ちゅてえ小 しいや=少し 経てば。
止みい が すら んでぃ=止む のか と。
思とおいびいたしが=思っていましたが。
むさっとぅ=全く。一向に。
止まやびらな=止まりもしませんで。
ゐいちょおいびいたん=揺れていました。
ゴーみかち 音ん さびたん=ゴーと、音も しました。
肝ぬ覚い がやら=気のせいなのか。
横びけん や あいびらん=横だけ では ありません。
縦んかいん ゐいちょおん ねえ そおいびいたん=縦にも 揺れている よう でした。
半ら から あ=途中 から は。
ゆくん=よけい。
強く なたい さびた くとぅ=強く なったり しました ので。
実に=ほんとうに。
肝ふぃずらち=肝を冷やし。びっくりして。
家ぬ 壊りらん が あら んでぃち=家が 壊れない かと。
ベットぬ 上び んじ=ベットの上で。
肝ふとぅふとぅうし=どきどきして。
あんし、なあだ=そして まだ。
電灯点き やあに=電灯を点けて。
無えらんがやあ んでぃち=無いかと。
あまくま=あちこち。あちらこちら。
調びてぃ 見あびたしが=調べて 見ましたが。
くん如おる ねえ や=このような 地震 は。

 近頃(ちかぐる)、糸満市(いとぅまんし)ぬ防災放送(ぼうせえふうすう)や日(ふぃい)にニ(た)けんなあ、放送さびいん。
 内容(ねえゆう)や、「戦後65年成たる今(なま)ちきてぃん、県内んかいや不発弾ぬ2千3万トンぬ不発弾(ふはちだん)ぬあいびいん」んでぃち、あんし「道路普請、新築普請ぬばすお、不発弾ぬ磁気探査器(じちきんさち)たださあに、貸らすくとぅ、糸満市んかい相談(すうだん)しいがめんそうれえ」んでぃぬむんやいびいん。
 去年(くず)ん、不発弾ぬ爆発さあに、まんぐらぬ老人ホームぬ窓ガラスが壊(くう)りてぃ、普請(ぶしん)さあぬ男(ゐきが)ぬ一人(ちゅい)が目傷(みいや)まちょおいびいたん。
 山(やま)、林(やま)、畑(はる)、原(はる)そおな所(とぅくる)んかいや、なあだ遺骨(いくち)ん有い、うちなあや実(じゅん)に今(なま)ん戦終(いくさうわ)てぃ直(ちゃあき)ぬ如(ぐとぅ)どぅあいびいる。

【語句】
ニけん なあ=二回 づつ。
放送さびいん=放送します。
今ちきてぃ=今だかつて。
「あいびいん」んでぃち=「あります」と。
あんし=そして。
ぬ ばす お=の 場合 は。
ただ さあに=無料 で。「たださあま」や「ただなかい」でも良い。
貸らす くとぅ=貸す ので。
相談しいが=相談しに。
めんそおれえ=いらしゃい。
んでぃぬ むぬ やいびいん=と いう ものです。
まんぐらぬ=近辺の。
壊りてぃ=壊れて。
普請さあぬ男ぬ=工事人の男が。
目傷まちょおいびいたん=目を怪我しました。
そおな 所 んかい や=のような 所 に は。
なあだ=まだ、「まあだ」とも言う。
有い=有り。
実に=ほんとうに。
今ん=今も。
如どぅ あいびいる=のようなのです。「どぅ」は強調助詞。これを受けて「あいびいん」は連体形「あいびいる」となる。

http://www.haisai.co.jp/images/kagiyadefuubushihoka.wmv
(△をクリックすると、下記のナレーションと琉球古典音楽が流れます)

 ぐすうよう、良い正月(しょうぐぁち)でえびる。
 今年(くとぅし)んゆたさる如(ぐとぅ)、う願(にげ)え うんぬきやびら。
 あらたまる年に、ぐすうようぬ世果報(ゆがふう)とぅ御頑丈(うぐぁんじゅう)さ 御願(うぐぁん)うんぬきやびら。
 さてぃ、正月ぬ間(ゑえだ)あ、かじゃでぃ風節、恩納節(うんなぶし)、中城(なかぐしく)はんた前節(めえぶし)、うんぬかてぃ、うたびみせえびり。

【語句】
ぐすうよう=みなさま。
でえびる=でございます。強調助詞「どぅ」を受けて助動詞「やいびいん」(です)が連体形で結んだ形=「どぅやいびいる」が、慣用的に略音されたもの。
今年んゆたさる如=今年も よろしく。
う願え うんぬきやびら=お願い 申し上げます。
あらたまる年に=新年にあたり。
世果報=お幸せ。
御頑丈さ=ご健康。
御願うんぬきやびら=お祈り申し上げます。
うんぬかてぃ うたびみせえびり=お聞きください。

マスコミ主導なかい朝青龍、引退(いんてえ)しみてぃん、なあんあらん、寂っさがあら、マスコミたあやハワイまでぃ、彼(うり)追(う)うてぃ行(ん)じょおいびいん。マスコミえ、彼(うり)え、なあふぃん、てえ立っちいがすらんでぃ思とおいびいたる筈(はじ)。ちゅうちゃん、引退けえさくとぅ、目外(みいは)んだあ、けえなとおいびいんてえ。
 相撲協会(しまちょうかい)ん相撲協会やいびいさ。ふんとうや、朝青龍や辞みらしい欲(ぶ)しゃあ無(ね)えらんたる筈やいびいしが、どぅくマスコミぬ恐(うとぅる)さぬ、諸(むる)怖気(うじ)いとおたる筈やいびいさ。
 やしが、朝青龍や日本人(にふんじん)ぬ「祖先(うやふじ)」。日本人とぅ同(い)ぬ蒙古斑点(むうくはんてぃん)ぬんあら筈。
 遊牧(ゆうぶく)ぬモンゴル民族、半牧半農ぬ満州民族、農耕ぬ朝鮮民族、うりから農耕ぬ日本民族、諸(むる)同(い)ぬウラルアルタイ語族なてぃ、互(たげ)えに兄弟(ちょおでえ)。モンゴル(蒙古)ん、ユーラシア大陸ぬ800%ぐれえ治(うさ)めたるあたい強(ちゅう)ばあやいびいたしが、満州族んまた強ばあやいびいたん。
 自(どぅう)なあたあ人口ぬ100倍んあぬ漢民族、300百年近く治みてぃちゃあびたしえ。今(なま)ぬチャイナ服お、満州族ぬ民族衣装どぅやる漢民族ぬ衣装やあいびらん。やしが、うぬ満州族ぬ衣装やモンゴルぬ衣装とぅ良う似ちょおいびいん。
 日本人や島籠(しまぐむ)い、けえし鎖国文化。他ぬ東アジア諸国(琉球合あち)お、冊封体制文化(混合文化)。日本や他ぬ文化なかい、けえみんぐぁさらんねえし、やっぱとおるばすどぅやいびいる。うりがる朝青龍問題ぬ本質がやらん分からん。
 マスコミぬ、朝青龍追い放ゆんでぃち、やっぱてぃん、朝青龍ファンぬまんどおる事お、モンゴル人やたるばすぬ日本人ぬ血筋(ちしじ)ゆいどぅやいびいがらあ。

【日本語意訳】
 マスコミ主導による朝青龍の引退。マスコミはもっと抵抗すると思っていたのに期待はずれ。寂しいのかハワイまで彼を追う。相撲協会も恐ろしいマスコミに叩かれるよりはと朝青龍を切ったのだろう。モンゴルも満州族も朝鮮族も日本族も同じウラルアルタイ語族。兄弟だ。モンゴルはユーラシア大陸を支配し、満州族は人口が100倍もある漢民族を300年も支配した。ただ、島国に辿りついた日本人だけは、島籠りをして夢想に耽る文化を創り、乱されたくないから鎖国した。他の東アジア諸国は琉球含め冊封体制を開発して交流に努めた。交流(良く言えば混合、悪く言えばかき乱し)思想と島籠り思想(悪く言えば独りよがり)のぶつかりこそ、朝青龍問題の本質かも。
 だがマスコミの徹底的な反青朝龍キャンペーンにもかかわらず、彼のファンが多いのは、日本人のかつての血(DNA)がそうさせているのかも知れない。

【語句】
引退しみてぃん なあんあらん=引退させても、済まない(済まされない)。
寂っさがあら=寂しいのか。
なあふぃん=もっと。
てえ立っちいがすらんでぃ=もっと抵抗するのかと。
ちゅうちゃん=急に。
目外んだあ=期待はずれ。
けえなとおいびいん てえ=なってしまいました かね。「てえ」は疑問を少し含む感嘆詞。
同ぬ=同じ。地方によっては「ゆぬ」と発音する。
辞みらし欲しぁあ無えらんたる筈=やめさせたくなかったはず。
どぅく マスコミぬ恐さぬ=あまりにもマスコミが恐ろしくて。
怖気いとおたる筈=怖気ていたかも。
けえ みんぐぁさらん ねえし=乱されてしまわないように。「けえ」は動詞の前につく副詞で「~しまう」の意味。
やっぱるとおる ばす どぅ やいびいる=頑張っている わけ です。「どぅ」は強調助詞、助動詞「やいびいん」(です)の連体形で受ける。「でえびる」と略した使い方も支配的。
まんどおる事=多いこと。
モンゴル人 やたる ばす=モンゴル人 だった 頃。
血筋ゆい が やいびいら=血筋故なのでしょうか。この場合の「が」は「故が」などと慣用句として覚えよう。

↑このページのトップヘ