うちなあぐち日記

うちなあぐちえ 聴ち美らさ 語い美らさ 書ち美らさ

 越(くぃ)た月(ちち)ぬ29日(にち)、琉球新報ホール於(をぅ)てぃ、組踊(くみうどぅい)「大川敵討(ううかあてぃうち)」耳薬(みみぐすい)し、来(ち)ゃあびたん。
 三年(んちゅ)首尾(しゅび)しちゃる新報社屋(しゃや)ぬ首尾備御祝(しゅびうゆゑえ)ぬ催(むゆう)し物(むん)ぬ一(てぃ)いちとぅしちぬむぬやいびいたん。
 
 「大川敵討」や組踊ぬ中(なか、なあか)んじん一番(いっちん)、長(なが)さい、また、んずみてぃ、長さる口(くち)んあいびいん。ただんちょうん、難(むち)かまらさる組踊やいびいしが、プログラムぬ案内(あんねえ)なかいや若手(わかむんちゃあ)ぬ望(ぬずみ)なかいすんでぃち、あいびいたん。
 
 今(なま)あ、我(わあ)が知(し)っちょおる限(かじ)りなかいや、男(ゐきが)やれえ、いいくる声変(くぃいが)あいし後(あとぅ)から、沖縄声(うちなあぐぃい)しいゆすい、語韻(ぐいん)にちいてえ、何(ぬう)ん、心配(しわ)あ、せえ居(をぅ)いびらんたしが、ちゃんとぅ、口ん覚(うび)いてぃ、組踊らあしゃる胴持(どぅうむ)ち形(ない)ぬないがやあんでぃ思(うむ)とおいびいたしが、上(うゎあ)ば思(うみ)いどぅやいびいたる。

 また、士族発音ぬんなとおいびいたん。例(たとぅ)れえ、開音「す」や「すぃ」、「つ」や「つぃ」んでぃち、「し」とぅ「ち」とおちゃんとぅ、差し分きらっとおいびいたん。

 伝統組踊保存会ぬ兄者方(しいざかた)あ、実(じゅん)に、能(ゆ)う習(なら)あちゃんでぃ、思てぃ、肝(ちむ)ふぃじょういびいん。
 
 実に聞(ち)ちぐとぅやいびいたん。いっぺえ、にふぇえでえびる。

【語句】
越た月ぬ29日、琉球新報ホール於てぃ=先月29日、琉球新報ホールで
組踊「大川敵討」耳薬し、来ゃあびたん=組踊「大川敵討」を鑑賞してきました。非丁寧文「~来ゃん」。
三年、首尾しちゃる新報社屋ぬ首尾備御祝ぬ催し物ぬ=三年前に落成した社屋の落成祝賀の催し物の
一いちとぅしちぬむぬやいびいたん=一つとして公演でした。非丁寧文「~むぬやたん」。
「大川敵討」や組踊ぬ中んじん一番、長さい=「大川敵討」は組踊の中でも最も長く
また、んずみてぃ、長さる口んあいびいん=また、きわめて、長いセリフもあります。非丁寧文「~口んあん」。
ただんちょうん、難かまらさる組踊やいびいしが=ただでさえ、難しくわずらわしそうな組踊ですが、非丁寧文「~組踊やしが」。
プログラムぬ案内なかいや若手ぬ=プログラムの案内文には若手が
望なかいすんでぃち、あいびいたん=挑戦するとありました。非丁寧文「~あたん」。
今あ、我が知っちょおる限りなかいや=今は私が知る限りでは
男やれえ、いいくる声変あいし後から=男なら、だいたい、変声後、
沖縄声しいゆすい、語韻にちいてえ、何ん=沖縄語的発声ができるし、声質については、何ら、
心配あ、せえ居いびらんたしが、ちゃんとぅ=心配はしていませんでしたが、ちゃんと、非丁寧文「~居居らんたしが」。
口ん覚いてぃ、組踊らあしゃる胴持ち形ぬないがやあんでぃ=セリフも覚られて、組踊らしい身のこなしができるだろうかと、
思とおいびいたしが、上ば思いどぅやいびいたる=思っていましたが、杞憂でした。非丁寧文「思とおたしが」、「~思いどぅやたる」。
また、士族発音ぬんなとおいびいたん=また、士族発音もできていまさした。非丁寧文「~なとおたん」。
例れえ、開音「す」や「すぃ」=例えば、開音「す」(に由来する「し」)は「すぃ」
「つ」や「つぃ」んでぃち=(同じく)開音「つ」に由来する「ち」)は「つぃ」と、
「し」とぅ「ち」とお、ちゃんとぅ、差し分きらっとおいびいたん=「し」「つ」とはきちんと、区別されていました。非丁寧文「~差し分きらっとおたん」。
伝統組踊保存会ぬ兄者方あ、実に、能う習あちゃんでぃ=伝統組踊保存会の先輩諸氏は実にうまく指導されていると、
思てぃ、肝ふぃじょういびいん=感心し満足しています
実に聞ちぐとぅやいびいたん。いっぺえ、にふぇえでえびたん=本当に素晴らしかったです。ありがとうございました。非丁寧文「~聞ち事やたん」。

 ある焼香(しゅうこう)於(う)とおてぃぬ事(くとう)どぅやいびいしが、あるっ人(ちゅ)ぬ「童(わらび)ん達(ちゃあ)から先(さち)に手押(てぃいうさあ)しせえ」んでぃ、みせえやびたん。
 
 何(ぬう)がやら、異風(いふう)なあやるむんでぃ思(うむ)とおいびいたしが、いちゃっさ、シマぬ毎(かあじ)、物言(むぬい)い様(よう)ぬ変(か)わゆんでぃ言(い)ちん、「童」とぅ「子(くゎ)」ぬ使(ちけ)え様(よう)やまあん、同(い、ゆ)ぬむぬおあらんがやあんでぃち、思(うむ)てぃ、くぬブログ書ちゅる次第(しでえ)やいびいん。

 「子」とぅ「童」ぬ違えみえ、うぬ裏返(うっちぇ)え言葉(くとぅば)、見(ん)じいねえ、能(ゆ)う分かやびいん。

 「子」ぬ裏言葉あ、親(うや)どぅやい、あんしまた「童」ぬうりえ「大人(うふっちゅ)」どぅやいびいる。
 日本語(やまとぅぐち)ぬ口語於てえ、「童」えいいくる死(し)に言葉なとおいびくとぅ、取(とぅ)受(う)き難(ぐり)さる筈(はず)えやいびいしが、うちなあぐち於とおてえ、うぬ二(たあ)ちぬ言葉ぬ違えみえ、でえじなんでぃん、ばちらあさびいん。

 二ちぬ慣用句(かがないくとぅば)、並(なら)びてぃなあびら。なあふぃん、取い受きい易(や)さる筈やいびいん。
「子」ぬ慣用句。
親子(うやっくゎ)、正(しょう)ん子(ぐゎ)、産(な)しん子、思(うむい)ん子、黄金(くがに)ん子、かみちん子、苗代違(なあしるちげ)えぬ子、種違(さにち)えぬ子、子(くゎ)ん達(ちゃあ)、汝(いゃあ)っ子(くゎ)、我(わあ)っ子、子産(くゎな)さあ、子守(くゎむ)やあ、赤(あか)ん子(ぐゎ)、ちかねえん子、白(しら)っ子、乳飲(ちいぬ)みん子んでえ。

「童」ぬ慣用句。
大人童(うふっちゅわらび)、女童(ゐなぐわらび)、童神(わらびがみ)、草刈(くさか)やあ童、やな童(わらば)あ、童肝(わらびじむ)、童名(わらびなあ)、童(わら)ん達(ちゃあ)、童んかい落(う)てぃ還(けえ)ゆん、童声(わらびぐぃい)、年寄(とぅしゅ)い童、ちっちゅう童んでえ。

注:子(くゎ)ぬ言葉ぬ頭んかい破裂音「っ」付ちきてぃ、「っくゎ」書(か)ちゅる風儀(ふうじ)んあいびいしが、うちなあぐちんまた昔からぬ書き言葉ぬ慣(な)りいぬある言語やいびいくとぅ、他所(ゆす)ぬ伝統的書き言葉ぬ慣りぬある言語んかい似してぃ、破裂音風儀ぬ記号や使(ちか)あらんようい、「くゎ」んでぃち書ちゃびいん。

【語句】
ある焼香於とおてぃぬ事どぅやいびいしが=ある法事でのことですが、非丁寧文「~事どぅやしが」。
あるっ人ぬ「童ん達から先に手押しせえ」=ある人が「子供から先に手を合わせて」
んでぃ、みせえやびたん=と、おっしゃいました。非敬語「~言たん」。
何がやら、異風なあやるむんでぃ思とおいびいたしが=何かが違うような気がしましたが、非丁寧文「~思とおたしが」。
いちゃっさ、シマぬ毎、物言い様ぬ変わゆんでぃ言ちん=いくら、集落ごとに言葉が違うとはいえ、
「童」とぅ「子」ぬ使え様やまあん=「童」と「子」の使い方はどこでも、
同ぬむぬおあらんがやあんでぃち、思てぃ=同じではないのかと思い、
くぬブログ書ちゅる次第やいびいん=この記事を書いた次第です。非丁寧文「~次第やん」。
「子」とぅ「童」ぬ違えみえ、うぬ裏返え言葉=「子」と「童」の違いはその対句を
見じいねえ、能う分かやびいん=みれば、明らかです。非丁寧文「~分かゆん」。
「子」ぬ裏言葉あ、親どぅやい、あんしまた「童」ぬうりえ=「子」の対句は「親」であり、そして「童」のそれは、
「大人」どぅやいびいる=「大人」なのです。非丁寧文「~どぅやる」。
日本語ぬ口語於てえ、「童」えいいくる=日本語の口語においては、「童」は殆ど、
死に言葉なとおいびくとぅ=死語になっていますので、非丁寧文「~なとおくとぅ」。
取い受き難さる筈えやいびいしが、うちなあぐち於とおてえ=分かりづらいかもしれませんが、沖縄語では、非丁寧文「~筈やしが」。
うぬ二ちぬ言葉ぬ違えみえ=この二つの語の違いは
でえじなんでぃん、ばちらあさびいん=あまりにも明白です。非丁寧文「~ばちらあさん」。
二ちぬ慣用句、並びてぃなあびら=両語の慣用句を比較してみましょう。非丁寧文「~並びてぃんだ」。
なあふぃん、取い受きい易さる筈やいびいん=もっと、分かりやすい筈です。非丁寧文「~筈やん」。
「子」ぬ慣用句=「子」の慣用句。
親子、正ん子、産しん子、思ん子、黄金ん子、かちみん子=親子、実の子、産んだ子、愛し子、大切な子、不義の子
苗代違えぬ子、種違えぬ子、子ん達、汝っ子=腹違いの子、種違いの子、(産んだ)子たち、あなたの子、
我っ子、子産さあ、子守やあ、赤ん子、ちかねえん子、白っ子=私の子、出産する人(女)、赤子、養子、生まれて半年ほどで色白になる赤子等。
「童」ぬ慣用句=「童」の慣用句
大人童、女童、童神、草刈やあ童、やな童あ=大人子供、、婦女子、子供の守り神、草刈りする子供、いけない子供、
童肝、童名、童ん達、童んかい落てぃ還ゆん=子供ように純真な心、子供たち、子供に還る
童声、年寄い童、ちっちゅう童んでえ=子供ような声、年寄と子供、月下で遊ぶ子供等
注:「子」ぬ言葉ぬ頭んかい破裂音「っ」付きてぃ「っくゎ」んでぃち=注:「子」の語頭に破裂音「っ」を付けて、「っくゎ」と
書ちゅる風儀んあいびいしが、うちなあぐちんまた=書く例もありますが沖縄語も、非丁寧文「~あしが」。
昔からぬ書き言葉ぬ慣りいぬある言語やいびいくとぅ=伝統的書き言葉のある言語ですので、
他所ぬ伝統的書き言葉ぬ慣りぬある言語んかい似してぃ=他の伝統的書き言葉を持つ言語の習慣に倣い
破裂音風儀ぬ記号や使あらんようい=語頭破裂音記号は使わず、
「くゎ」んでぃち書ちゃびいん=「くゎ」と表記します。非丁寧文「~書ちゅん」。

 うちなあぐちえ一(てぃい)ちぬ言語(くとぅば)やみ日本語(やまとぅぐち)ぬ方言どぅやみんでぃち、今(な)ちきてぃ、言いくゎあ合(ええ)さっとおる風儀(ふうじ)やいびいん。例(たとぅ)れえ、ウィキペディアぬ「琉球語」んでえ。

 言語どぅやみ方言どぅやみんでぃち決わみゆる形(かた)、持(む)っちぇえ無(ね)えらんでえ、んちゃ、何(ぬう)んかいが片付(かたぢ)きてぃ済(し)むらあ、分からんせえ、当(あ)たい前(めえ)やいがすらん分からやびらん。

 ようい、聞(ち)ち、にいどぅんせえ、いいくるぬ人(ちゅ)ん達(ちゃあ)や、とうないねえ、言語学んでえぬ学問(がくむん)頼(たる)がきやあに、学者ぬ言(ゆ)るまま、靡(なび)ちゅる事(くとぅ)ぬ多(うふ)さんでぃ思(うむ)やびいん。

 確(たし)かに、学問のお、「客観的、科学的」やぐとぅ、言い入りでえぬあせえあいびいしが、物事(むぬぐとぅ)決わみゆせえ、うんな形びけえのおあいびらん。物事決わみゆしんかい、別(びち)に「自己申告(どぅうさだみ、どぅうくるび)」んでぃ言しんあいびん。言語ぬ違(ちげ)えみぬ大(ま)ぎさ、小(くう)さあ、あいびらんようい。

 見(ん)ちなあびれえ、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ルーマニア語んでえや、言語学からしいねえ、ラテン語ぬ方言どぅやいびいしが、「自己申告」さあに、なあめえめえが一ちぬ言語なとおいびいん。ゲルマン語系(ドイツ語、オランダ語、ルクセンブルグ語んでえ」)、ロシア語系(ロシア語、ベラルーシ語、ウクライナ語)んでえんあんやびいびいん。

 うちなあんかいやかあま昔から「うちなあぐち」んでぃぬ言葉(くとぅば)ぬあいびいん。「やまとぅぐち」とお、色分(いるわき)てぃ、考(かんげ)えらっとおたくとぅとどぅ、うぬ言葉んあいびいる。

 実(じゅん)に、「うちなあぐち」んでぃぬ言葉あ、うちなあぐちぬ一ちぬ言語やんでぃち、まあまあしく、「自己申告」する言葉なとおいびいん。

 あたまに、うちなあが琉球国やたるばそお、琉球語やたるむぬ、日本なかいけえ取(とぅ)らってぃ後(あと)お、「(日本語ぬ)方言」んかい、けえなゆんでぃゆしん、いっぺえ、可笑(うか)うかしいむんやびいさ。

【語句】
うちなあぐちが独立言語やる事決わみゆし=沖縄語が独立言語である事の決め手
うちなあぐちえ一ちぬ言語やみ=沖縄語は一の言語なのか
日本語ぬ方言どぅやみんでぃち、今ちきてぃ=日本語の方言なのかなどと、いまだに、
言いくゎあ合さっとおる風儀やいびいん=議論がされているようです。非丁寧文「~風儀やん」。
例れえ、ウィキペディアぬ「琉球語」んでえ=たとえば、ウィキペディアの「琉球語」など。
言語どぅやみ方言どぅやみんでぃち決わみゆる形=言語なのか方言なのかを決める基準を
持っちぇえ無えらんでえ、んちゃ、何んかいが=持ち合わせてなければ、なるほど、どれに
片付きてぃ済むらあ、分からんせえ=決めてよいものやら、分からないのは、
当たい前やいがすらん分からやびらん=当然なのかしれません。非丁寧文「~分からん」。
ようい、聞ち、にいどぅんせえ=聞くだけきいてみれば、
いいくるぬ人ん達や、とうないねえ=多くの人たちは、いざとなれば、
言語学んでえぬ学問頼がきやあに、=言語学などの学問に依りかかって、
学者ぬ言るまま、靡ちゅる事ぬ多さんでぃ思やびいん=学者の言うままに、靡く傾向にあるように思います。非丁寧文「~思ゆん」。
確かに、学問のお、「客観的、科学的」やぐとぅ=確かに学問は「客観的、科学的」なので、
言い入りでえぬあせえあいびいしが=説得力があることはありますが、非丁寧文「~あしが」。
物事決わみゆしんかいや別に「」えのおあいびらん=それだけが物事を決める基準なのではありません。非丁寧文「~びけえのおあいびらん」
別「に自己申告」んでぃゆるむぬんあいびいん=別に「自己申告」という「基準」もあるのです。非丁寧文「~むぬんあん」。
言語ぬ違えみぬ大ぎさ、小さあ、あいびらんようい=言語の差異の大小ではなく。非丁寧文「~あらんようい」。
見ちなあびれえ=目を向けてみましょう。非丁寧文「~見ちんでぃ」。
フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ルーマニア語んでえや=フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ルーマニア語などは、
言語学からしいねえ、ラテン語ぬ方言どぅやいびいしが=言語学的にはローマ帝国の公用語ラテン語の方言なのですが、非丁寧文「~方言どぅやしが」。*スペイン語とポルトガル語は互いに意思疎通できる。
「自己申告」さあに、なあめえめえが=「自己申告」をして、それぞれが、
一ちぬ言語なとおいびいん=一つの独立言語になっているのです。非丁寧文「~なとおん」。
ゲルマン語系(ドイツ語、オランダ語、ルクセンブルグ語んでえ」)=ゲルマン語系(ドイツ語、オランド語、ルクセンブルグ語など)
ロシア語系(ロシア語、ベラルーシ語、ウクライナ語)んでえんあんやびいびいん=ロシア語系(ロシア語、ウクライナ語、ベラルーシ語等)もそうです。非丁寧文「~あんやん」。
うちなあんかいやかあま昔から「うちなあぐち」んでぃぬ=沖縄にははるか古より、「うちなあぐち」という、
言葉ぬあいびいん=言葉があります。非丁寧文「~あん」。
「やまとぅぐち」とお、色分てぃ=日本語とは別物だと
考えらっとおたくとぅとどぅ、うぬ言葉んあいびいる=認識されていたからこそ、その言葉があるのです。非丁寧文「~言葉んある」。
実に、まあまあしく、「うちなあぐち」んでぃぬ言葉あ=まさしく、「うちなあぐち」という言葉は、
うちなあぐちぬ一ちぬ言語やんでぃち=うちなあぐちが一つの独立した言語だと
まあまあしく、「自己申告」する言葉なとおいびいん=さっぱりと、「自己申告」する言葉なのです。非丁寧文「~言葉なとおん」。
あたまに、うちなあが琉球国やたるばそお=そもそも、沖縄が琉球国だったときは、
琉球語やたるむぬ、日本なかいけえ取らってぃ後お=琉球語だったのに、日本に併合されたとたんに
「(日本語ぬ)方言」んかい、けえなゆんでぃゆしん=「(日本語の)方言」になってしまうというのも
いっぺえ、可笑しいむんやびいさ=ものすごく可笑しな話ですよ。非丁寧文「~むんやん」。

↑このページのトップヘ